第1回留学生文化大使プレゼンテーション- 留学生から学ぶ「世界」

報告レポート
日 時 2017年6月10日(土)13:00-15:00
会 場 MIFA交流スペース
人 数 53名
発表者とテーマ
(4人)
1 ポッケレル ・ケサブ・ ラジュ(ネパール出身、東京工業大学)
テーマ:「ネパールでの人生の祭式」
2 ニスリン・ベルジャブ (チュニジア出身、東京工業大学)
テーマ:「チュニジアの文化について」
3 プスピタ・アユニソティヤス・プラウェスティ (インドネシア出身、政策研究大学院大学)
テーマ:「日本とインドネシアの二国間関係」
4 ユニスサンティ,Ms (インドネシア出身、東京工業大学)
テーマ: 静寂の日(バリの新年の祝い方)

参加者の声
・一生懸命日本語を学び、発表が聞けて嬉しかったです。
・留学生の心のこもったプレゼンに非常に心が温まりました。
・留学生の個性がダイレクトに伝わってきてとても良かったです。
・後半の留学生と話をしながらお菓子をたべられたのが楽しくて、来てよかったと思いました。
・とてもすばらしいイベントで大成功だった。4人のプレゼンテーションと人物の魅力で会場を沸かせ、また小グループに分かれてお菓子(その国の)もとてもおもてなしとして素晴らしく、交友関係が深まりました。
・日本に興味を持って日本に留学生して頂き感謝します。母国と日本のかけ橋として意欲的に勉学にいそしむ姿に感動しました。これからの皆さんのご活躍をお祈り致します。
・これからも外国をより身近に感じるために、どんどん参加したいです。この企画が末永く続くことをお願いいたします。
・このようなイベントは発表者、聴衆両者にとって、実り多いと思います。

関連記事

  1. 留学生が教える「世界の料理」

  2. 【報告】秋のホームビジット

  3. 秋の鎌倉散策

  4. 第2回 留学生文化大使プレゼンテーション- 留学生から学ぶ「世界」

  5. 春のホームビジット

  6. 和食交流 一緒に日本の家庭料理を作りましょう!!

過去の記事

2016年までの情報は旧ホームページよりご覧ください。