【報告】留学生から学ぶ「世界」2019年第1回

 

都内の大学に在籍する外国人留学生が、スライドを使いながら文化紹介を行いました。
またスペシャルバージョンとして、日本人が留学生とペアを組んで英語でのプレゼンテーションも。
交流タイムでは、留学生が持ち寄ったお茶やお菓子を楽しみながら、会話がはずみました。
★★次回は10月26日(土)に開催です。どうぞお楽しみに!

日時 7月6日(土)13:00-15:30
場所 MIFA交流スペース
留学生プレゼンター(4人)
1 ミーガン・ウィルソン (東京大学)「あなたの知らないニュージーランド 」
2 コラリーン・ジラー (東京大学)「ベルギーの秘密」
3 ジョタン・ケヴィン (東京大学)「母国ベナン、固有の文化」
*プレゼンターがリサーチで帰国中のため、現地からスカイプを介して発表
4 ハフサ・リフキ(慶應義塾大学)「魅惑のモロッコ王国 ~モロッコ人と日本人の2つの世界~」
*スペシャルバージョン! 日本人とペアで英語による紹介

参加者 66人(観客 55、留学生 4、ボランティア 7)
参加者の声
・留学生の出身国が多彩で大変興味深かった。
・留学生の発表がよく準備されたことが伝わってきた。
・グループ分け(交流タイム)で巡るのが、特にGood!
・留学生の方々の日本語に本当に関心いたしました。適切なことばを使い分けて話されていて、とても素晴らしかったです。
・英語による日本人と留学生のペアプレゼンテーションも、ボーダーレスの時代らしくて良いと思います。
・英語は苦手ですが、資料があったので分かりやすかったです。

留学生交流については、こちらをご覧ください。

関連記事

  1. 【報告】2019留学生・和食交流

  2. 【報告】留学生のためのホームビジット(春)

過去の記事

2016年までの情報は旧ホームページよりご覧ください。