ホーム 留 学 生 交 流


いよいよキックオフ! 留学生交流
留学生とともだちになりたい方はぜひご参加ください!


参加者募集!!
留学生から学ぶ「世界」

右の画像をクリックするとPDFポスターがご覧になれます

都内大学に在籍する留学生による4人の外国人留学生が自国の文化を紹介します。
日本についての思いや印象も語ってもらいます。(発表は日本語です)
日時 6月10日(土)13:00-15:00
参加費 100円(MIFA会員)、300円(ビジター)※留学生の故郷の茶菓付き
定員 各回30名(先着順)
申込 メール、TelまたはFaxで名前と連絡先をお知らせください
発表者(4人)と発表テーマ
1 ポッケレル ・ケサブ・ ラジュ(ネパール出身、東京工業大学)
テーマ:「ネパールでの人生の祭式」
2 ニスリン・ベルジャブ (チュニジア出身、東京工業大学)
テーマ:「チュニジアの文化について」
3 プスピタ・アユニソティヤス・プラウェスティ (インドネシア出身、政策研究大学院大学)
テーマ:「日本とインドネシアの二国間関係」
4 ユニスサンティ,Ms (インドネシア出身、東京工業大学)
テーマ: 静寂の日(バリの新年の祝い方)
 
 


平成29(2017)年 活動カレンダー
時間 留学生交流 募集
4月  8 10:00-12:00 キックオフ
第1部 講義 「留学生を取り巻く環境」 
     東京工業大学 佐藤礼子准教授
第2部 留学生交流の活動紹介と希望チームの提出
終了
22 10:00-12:00
13:00-15:00
第2回チームミーティング
ホストファミリー説明会
終了
5月  20 10:00-12:00
13:00-17:00
第3回チームミーティング
春のホームビジット
6月  3 10:00-12:00 第4回チームミーティング
10 10:00-12:00
13:00-15:00
第5回チームミーティング(予備)
留学生から学ぶ「世界」 (第1回発表) *日本語で行います
 ネパール、インドネシア、チュニジア出身留学生のトーク
参加者募集中
7月  1 10:00-14:00 和食交流
8 10:00-14:00 留学生文化大使プレゼンテーション(料理)
 フランス・中国・ベトナム出身留学生と一緒に料理
8月 26 10:00-12:00 第6回 前半フィードバックミーティング
9月  9 10:00-12:00 第7回チームミーティング
30 10:00-12:00 第8回チームミーティング
10月  7 10:00-12:00 第9回チームミーティング
14 13:00-15:00 留学生から学ぶ「世界」 (第2回発表)
 各国留学生によるトーク
21 13:00-15:00 第10回チームミーティング(予備)
ホストファミリー説明会
11月  11 10:00-16:00 秋のイベント
12月  2 13:00-15:00 秋のホームビジット
16 10:00-11:30
12:00-15:00
(第11回)後半フィードバックミーティング
イヤーエンドパーティ
 
 



●留学生交流とは?
 目黒区には世界70を超える国からやってきた留学生が大学に通い、または居住しています。MIFAはこの地域特性を活かしながら、日頃、大学や研究室に閉じこもりがちな留学生が住民と交流し、日本をより良く知ることができるよう活動を行っています。
 留学生はまた国際理解推進のキーパーソンでもあります。自国の文化を紹介したり意見を述べてもらい、日本社会との積極的な関わりを促します。

●企画の進め方  
  • 留学生交流は4月にキックオフ。日本人と留学生がアイデアを出しあいながらイベントを計画、年間スケジュールを立てます
  • 留学生向け日本理解のアクティビティと、留学生による国際理解のアクティビティ(留学生文化大使プレゼンテーション)をバランスよく企画して、相互理解を深めます。
  • アクティビティ毎にチームを編成、チームミーティングを重ねながら準備します。
 

平成28年(2016年)度のプログラム実施報告
実施回数: 24 (準備ミーティングを含む)
活動内容: プログラム実施報告をご覧ください。
参加総数: 457 (外国人留学生160、日本人297)
国/地域: 36 (日本、中国、インドネシア、タイ、カザフスタン、マレーシア、オーストラリア、ドイツほか)
大学 9 (東京工業大学、東京大学、政策研究大学院大学、東京外国語大学、慶応義塾大学、早稲田大学、明治大学、お茶の水女子大学、東京理科大学)

平成27年(2015年)度のプログラム実施報告

実施回数: 25 (準備ミーティングを含む)
活動内容: プログラム実施報告をご覧ください。
参加総数: 630 (外国人留学生149、日本人481)
国/地域: 29 (日本、インドネシア、タイ、中国、ネパール、台湾、フランス、マレーシアほか)
大学 10 (東京工業大学、東京大学、政策研究大学院大学、東京外国語大学、芝浦工業大学、一橋大学、多摩大学、電気通信大学、明治大学)

平成26年(2014年)度のプログラム実施報告

活動実施回数: 24 (準備ミーティングを含む)
活動の詳細: プログラム実施報告をご覧ください。
参加総数: 619 (外国人留学生160、日本人459)
参加国および地域: 27 (日本、インドネシア、タイ、中国、ネパール、台湾、フランス、マレーシアほか)
留学生の在籍先 10 (東京工業大学、東京大学、政策研究大学院大学、東京外国語大学、早稲田大学、電気通信大学、群馬大学、武蔵野大学、日本社会事業大学、横浜国立大学)



平成25年度(2013年)のプログラム実施報告

活動実施回数: 24
活動の詳細: プログラム実施報告をご覧ください。
参加総数: 583人(留学生133人、日本人450人)
参加国および地域: 32(日本、タイ、インドネシア、中国、イラン、フィリピン、バングラデシュ、フィンランド、チュニジア他) 留
留学生の在籍先 12(東京工業大学、東京大学、政策研究大学院大学、早稲田大学、東京医科歯科大学、慶応大学、電気通信大学、東京農工大、昭和大学、東京外国語大学、文化学園大学、群馬大学)



平成24年度(2012年)のプログラム実施報告

活動実施回数: 32
活動の詳細: プログラム実施報告をご覧ください。
参加総数: 693人(留学生154人、日本人539人)
参加国および地域: 30(日本、中国、韓国、ベトナム、タイ、トルコ、シンガポール、ネパール、インドネシア、パキスタン、
マレーシア、インド、ミャンマー、スリランカ、バングラデシュ、セルビア、モンゴル、ウズベキスタン、
カザフスタン、カンボジア、オーストリア、オランダ、ロシア、ドイツ、フィンランド、スペイン、チュニジア、
ソエラレオネ、ガーナ、アメリカ合衆国)
留学生の在籍先 7(東工大、東大、東京医科歯科大、慶応大、電通大、早稲田大、駒澤大)



平成23年度(2011年)のプログラム実施報告

活動実施回数: 40
活動の詳細: プログラム実施報告をご覧ください。
参加総数: 861人(留学生215人、日本人646人)
参加国および地域: 40(日本、中国、韓国、ベトナム、タイ、フィリピン、シンガポール、スリランカ、インドネシア、パキスタン、
マレーシア、ミャンマー、バングラデシュ、イラン、シリア、ルーマニア、ウズベキスタン、カザフスタン、
ポルトガル、英国、アルジェリア、ドイツ、フィンランド、スペイン、トルコ、スウェーデン、アメリカ合衆国、
パナマ、ガーナ、ケニア)
留学生の在籍先 10(東京工業大学、東京大学、東京医科歯科大学、慶応大学、一橋大学、早稲田大学、明治大学、
上智大学、大東文化大学、政策研究大学院大学)



平成22年度(2010年)の報告

活動実施回数: 34
活動の詳細: プログラム実施報告をご覧ください。
参加総数: 679人(留学生231人、日本人448人)
参加国および地域: 43(日本、中国、台湾、韓国、モンゴル、ベトナム、ネパール、タイ、フィリピン、マレーシア、
シンガポール、ミャンマー、スリランカ、インドネシア、パキスタン、インド、バングラデシュ、トルコ、
イラン、イラク、シリア、ロシア、セルビア、ボスニア、アゼルバイジャン、カザフスタン、ルーマニア、
ヨルダン、レバノン、ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、チュニジア、タンザニア、ザンビア、
セネガル、ガーナ、カナダ、アメリカ、メキシコ、コロンビア、アルゼンチン)
留学生の在籍先 東京工業大学、東京大学、早稲田大学、立教大学、慶応大学、東京外国語大学、多摩美術大学、
東京医科歯科大学、東京女子医科大学、電気通信大学、東京日本語教育センター(11大学・学校)
当事業は、独立行政法人日本学生支援機構が実施する「平成22年度(財)中島記念国際交流財団助成留学生地域交流事業」として実施しました。

↑ポスター( ファイル 132KB)はこちら ↑ポスター( ファイル 96KB)はこちら




平成21年度(2009年)の報告


活動実施回数: 23
活動の詳細: プログラム実施報告をご覧ください。
参加総数: 550人(留学生172人、日本人378人)
参加国および地域: 33(日本、中国、台湾、韓国、ベトナム、ネパール、タイ、フィリピン、シンガポール、スリランカ、インドネシア、パキスタン、インド、バングラデシュ、トルコ、イラン、シリア、オーストラリア、ロシア、ルーマニア、オランダ、スイス、ドイツ、フランス、スウェーデン、モロッコ、マダガスカル、アメリカ、カナダ、キューバ、エクワドル、メキシコ、アルゼンチン)
留学生の在籍先: 東京工業大学、東京大学、早稲田大学、立教大学、慶応大学、日本女子大学、拓殖大学、東京学芸大学、東京医科歯科大学、国学院大学(10大学)
当事業は、独立行政法人日本学生支援機構が実施する「平成21年度(財)中島記念国際交流財団助成留学生地域交流事業」として実施しました。

(財)中島記念国際交流財団助成による
留学生地域交流事業のレポート

(平成21年度)ページはこちら
 平成21年度のポスター
( ファイル 75KB)は
こちら



平成20年度(2008年)の報告>

●プログラム実施回数: 21

●プログラム内容:詳細はこちらをご覧ください。

●参加総数: 500人(留学生225人、日本人275人)

●参加国 30(日本、韓国、中国、フィリピン、インド、パキスタン、バングラデシュ、ネパール、モンゴル、インドネシア、マレーシア、タイ、イラン、ベトナム、カンボジア、アゼルバイジャン、ロシア、トルコ、ノルウェー、イギリス、スイス、ドイツ、ジンバブエ、マラウィ、マダガスカル、アメリカ、メキシコ、コロンビア、ボリビア、ブラジル)

●留学生の在籍先: 東京工業大学、東京大学、電気通信大学、横浜市立大学、横浜国立大学、東京学芸大学、慶応大学、中央大学、上智大学

当事業は、独立行政法人日本学生支援機構が実施する「平成20年度(財)中島記念国際交流財団助成留学生地域交流事業」として実施しました。

20年度のポスター( ファイル 566KB)は こちら

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)によるMIFA留学生交流紹介ページはこちら



●ボランティア体験談 
留学生交流ボランティア・今井匡さん
留学生アリ・ザイディさんの活動報告(訳文)

 
Copyright(c) Meguro International Friendship Assosiation(MIFA) ホーム